詰め物が取れた・割れた

詰め物が取れた・割れた

歯の詰め物は、虫歯や歯の欠損などを修復するために用いられます。しかし、様々な原因で詰め物が取れたり、割れたりすることがあります。この記事では、その原因や対策について詳しく解説します。

目次

    詰め物が取れる・外れる原因

    詰め物が取れたり外れたりする原因は多数あります。

    ・食事中に硬いものを噛んだ結果

    ・歯科医院での治療後に詰め物が十分に固まらないまま食事を始める

    ・詰め物の下に新たに虫歯が進行し、詰め物と歯との間に隙間が生じた場合

    ・歯を大きく動かすような歯科治療を受けると、詰め物がずれて取れる可能性もあります

    詰め物が取れたときに気をつけること

    詰め物が取れた場合の治療は、まず歯科医師が患者の口腔内を診察し、状況を確認します。その後、取れた詰め物や欠けた部分の修復が必要であれば、新たな詰め物を選択し、詰め直すことになります。

    詰め物が割れる原因

    詰め物が割れる原因は主に、詰め物の材質や使用状況、歯の噛み合わせの問題などが考えられます。また、詰め物が施された歯にかかる圧力が強い場合や、経年劣化によって詰め物が劣化した場合にも割れることがあります。

    割れた詰め物をそのままにしておく危険性

    割れた詰め物をそのままにしておくと、歯の内部が露出し、虫歯菌が侵入しやすくなります。また、割れた詰め物が歯肉に刺さることで炎症を引き起こすこともあります。このため、割れた詰め物はできるだけ早く治療を受けることが重要です。

    詰め物を作り直す場合の種類

    詰め物を作り直す際には、いくつかの素材があります。それぞれにメリットやデメリットが存在します。

    金属製(アマルガム、金):金属製の詰め物は丈夫で長持ちしますが、見た目が悪いというデメリットがあります。また、アマルガム詰め物は水銀が含まれているため、一部の人々はアレルギー反応を起こすことがあります。

    セラミック(ポーセレン):セラミック製の詰め物は見た目が自然で美しいですが、金属製に比べて耐久性が劣ります。また、費用が高くなることがあります。

    コンポジット樹脂:コンポジット樹脂製の詰め物は見た目が良く、金属製と比較しても十分な強度があります。ただし、経年劣化により色が変わることがあります。

    詰め物を作り直す際には、歯科医師と相談して最適な素材を選択しましょう。

    まとめ

    最後に、予防のために定期的な歯科検診を受けることが大切です。歯科医師と協力して、健康な口内環境を維持しましょう。歯の痛みや出血を感じたときは、適切な対応を行い、早めに歯科医院を受診することが重要です。これにより、健康な歯と口腔環境を維持し、より良い生活を送ることができます。

    町田駅すぐの歯医者
    町田マルイはごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニック

    \1~2分でカンタン予約♪/

    新規

    WEBご予約(初めての方)

    電話

    お電話でのお問い合わせ

    042-707-6250

    営業時間 11:00-19:00
    ※休診日:祝日、他テナント準拠

    土日診療、各種保険取扱い

    日本歯科医療評価機構がおすすめする東京都町田市・町田駅の歯医者・町田マルイ はごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニックの口コミ・評判 日本歯科医療評価機構がおすすめする東京都町田市・町田駅の歯医者・町田マルイ はごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニックの口コミ・評判
    町田マルイはごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニック

    〒194-0013
    東京都町田市原町田6-1-6 町田マルイ5F
    JR・小田急線「町田」駅より徒歩2分

    診療時間(休診日:祝日、その他テナント休業日に準ずる)

    11:00-19:00 ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ -

    お車の方は、マルイの提携駐車場をご利用ください。

    医療法人社団結心会 口腔外科グループ

    リンク集