前歯が欠けた・折れた

前歯が欠けた・折れた

前歯が欠けたり、折れたりした経験はありますか? 歯は、食べ物を噛むだけでなく、話すときや笑うときに見えるため、見た目にも影響を及ぼします。それだけでなく、歯が欠けたり折れたりすると、食事がしにくくなったり、痛みを感じたりすることもあります。そのため、適切な対応が必要です。

目次

    前歯が欠ける・折れる良くある原因

    前歯が欠けたり折れたりする原因はさまざまですが、以下のような事情が挙げられます。

    ・食事中に硬いものを噛んでしまった

    ・スポーツなどの活動中に顔を打った

    ・歯ぎしりやくいしばりの癖がある

    ・虫歯や歯周病などによる歯の強度の低下

    これらの原因を理解することは、同じ事態を防ぐために重要です。

    前歯が欠けた・折れた状態で放置すると…

    前歯が欠けたり折れたりした際の応急処置としては、以下のような手順を踏みます。

    冷たい水で口をすすぎ、出血や痛みを抑えます。 折れた歯を拾い上げ、汚れないようにします。歯科医院で再利用可能な場合があります。 痛みがひどい場合は、市販の痛み止めを服用します。 早急に歯科医院に連絡し、診察を受けます。

    重要なのは、早急に歯科医師の診察を受けることです。折れた歯は自然に治ることはありませんので、適切な治療が必要です。

    歯科医院での治療内容

    歯科医院での治療は、前歯が欠けたり折れたりした状態に応じて異なります。

    1. 軽度の欠け具合であれば、レジンやグラスアイオノマーといった補修材料を用いて歯の形を修復します。この治療法は比較的短時間で完了し、色調も自然な歯と近く合わせることが可能です。しかし、補修材は強度が比較的低いため、大きく欠けている場合や噛み合わせに直接影響する部分では寿命が短くなることがあります。

    2. 欠けた部分が大きい場合や、欠ける前の歯の形状を正確に再現したい場合は、セラミックや金属などを使用したクラウンやブリッジといった補綴物(ほてつぶつ)を用いることもあります。これらの補綴物は、強度が高く長期間安定した使用が可能ですが、費用や治療に必要な時間が増えることが一般的です。

    3. もしも歯が折れて神経が露出した場合、根管治療が必要になることもあります。根管治療は、歯の中にある神経組織を取り除き、感染を防ぐための治療です。この治療は痛みを伴うイメージがありますが、近年の麻酔技術の進歩によりほとんど痛みを感じずに行えます。ただし、治療期間や費用は他の治療方法と比べて多くなることが多いです。

    以上のように、当院では患者さんの具体的な状態に応じて最適な治療法を提案します。

    まとめ

    最後に、予防のために定期的な歯科検診を受けることが大切です。歯科医師と協力して、健康な口内環境を維持しましょう。歯の痛みや出血を感じたときは、適切な対応を行い、早めに歯科医院を受診することが重要です。これにより、健康な歯と口腔環境を維持し、より良い生活を送ることができます。

    町田駅すぐの歯医者
    町田マルイはごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニック

    \1~2分でカンタン予約♪/

    新規

    WEBご予約(初めての方)

    電話

    お電話でのお問い合わせ

    042-707-6250

    営業時間 11:00-19:00
    ※休診日:祝日、他テナント準拠

    土日診療・当日予約も可
    ※直近空き枠あります!
    各種保険取扱い

    町田マルイはごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニック

    〒194-0013
    東京都町田市原町田6-1-6 町田マルイ5F
    JR・小田急線「町田」駅より徒歩2分

    診療時間(休診日:祝日、その他テナント休業日に準ずる)

    11:00-19:00 ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ -

    お車の方は、マルイの提携駐車場をご利用ください。

    医療法人社団結心会 口腔外科グループ

    リンク集