銀歯がしみる・痛い

銀歯がしみる・痛い

銀歯がしみたり、痛みを感じたりする経験はありますか?ここでは、その原因と対処法、さらに歯科医院での治療内容について詳しく説明します。

目次

    昔詰めた銀歯がしみる・痛い理由

    歯の詰め物や被せ物としてよく用いられる銀歯ですが、昔に詰めたものがしみたり痛みを感じることがあります。その主な理由は以下のとおりです。

    詰め物の寿命:歯科治療で使われる銀歯には寿命があります。使用年数が経つと劣化し、微細な隙間ができることがあります。そこから冷たいものや熱いものが歯の神経に触れ、しみる感覚が起きます。

    虫歯の再発:詰め物の隙間から菌が入り込み虫歯が再発することがあります。それが神経まで到達すると痛みを感じるようになります。

    治療して間もない銀歯がしみる・痛い理由

    新しく銀歯を詰めたばかりでも、しみたり痛みを感じることがあります。その理由として考えられるのは、以下の点です。

    調整不足:銀歯を詰めた直後は、噛み合わせがうまくいっていない場合があります。それにより歯に過度な負担がかかり、しみたり痛みを感じることがあります。

    神経の反応:治療により歯が一時的に敏感になることがあります。そのため、しばらくの間は冷たいものや熱いものに対してしみる感覚が出ることがあります。

    銀歯がしみる・痛いときの対処法

    銀歯がしみたり痛みを感じたときの対処法としては、次のような方法があります。

    まず、一時的な痛みであれば、痛み止めを使用することも一つの手段です。ただし、それはあくまで一時的な対策であり、根本的な解決にはなりません。また、痛み止めには副作用があるため、適切な使用が必要です。

    その他にも、痛みを和らげるためには、飲食物の温度を適度にする、辛い食べ物や酸っぱい食べ物を避けるなどの工夫も効果的です。

    しかし、これらの対策が効果を発揮しない場合や、痛みが長期間続く場合は、早急に歯科医院を受診することをお勧めします。自己判断で放置すると、痛みが増すだけでなく、更なる問題が起こる可能性もあることに注意しましょう。

    歯科医院での治療内容

    銀歯がしみる・痛いときには、歯科医院での治療が必要となることがあります。具体的な治療内容は、その原因によります。

    例えば、昔詰めた銀歯が原因で痛みが生じている場合、劣化した詰め物を新しいものに交換することで解決することがあります。また、虫歯が再発している場合には、詰め物を取り外し、再度虫歯の治療を行うことになります。

    一方、治療直後の銀歯が原因で痛みが出ている場合、噛み合わせの調整を行うことが一つの解決策となります。また、神経の反応が原因で痛みを感じている場合には、時間を置くことで改善することが多いです。しかし、痛みが長期間続く場合には、神経を取る根管治療が必要となることもあります。

    それぞれの症状に対する治療は患者さん一人ひとりの状態によりますので、まずは早い段階で歯科医院で診察を受けることが、早期に痛みを和らげることにつながります。

    最後に、予防のために定期的な歯科検診を受けることが大切です。歯科医師と協力して、健康な口内環境を維持しましょう。歯の痛みや出血を感じたときは、適切な対応を行い、早めに歯科医院を受診することが重要です。これにより、健康な歯と口腔環境を維持し、より良い生活を送ることができます。

    町田駅すぐの歯医者
    町田マルイはごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニック

    \1~2分でカンタン予約♪/

    新規

    WEBご予約(初めての方)

    電話

    お電話でのお問い合わせ

    042-707-6250

    営業時間 11:00-19:00
    ※休診日:祝日、他テナント準拠

    土日診療・当日予約も可
    ※直近空き枠あります!
    各種保険取扱い

    町田マルイはごころ歯科口腔外科・矯正歯科クリニック

    〒194-0013
    東京都町田市原町田6-1-6 町田マルイ5F
    JR・小田急線「町田」駅より徒歩2分

    診療時間(休診日:祝日、その他テナント休業日に準ずる)

    11:00-19:00 ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ ⚫︎ -

    お車の方は、マルイの提携駐車場をご利用ください。

    医療法人社団結心会 口腔外科グループ

    リンク集